クリニックの内装で大事なこと

様々な人が訪れるクリニックは導線が重要

クリニック開業を行う場合は建物を用意する必要がありますが、その際には内装を決めていくことになります。
病院の評価は医師の腕やスタッフの対応で左右されると思うかもしれませんが、建物の良し悪しも患者さんからの評価に大きな影響を与えると知っておきましょう。
開業するのであれば、クリニックの内装づくりの際に大事なことを理解しておくことをおすすめします。
まず、動線を考えたものにしておくことが重要です。
病院には様々な人が訪れます。
怪我をしている人や車椅子の人、高齢者や赤ちゃんを抱っこした人など、様々な人が無理なく利用できることが望ましいです。
見た目だけを重視してインテリア製品を設置すると、動線の妨げになる恐れがあります。
癒しのために観葉植物や水槽などを設置する病院は多くなっていますが、利用する患者さんの邪魔にならないことを優先して設置を考えることが大切だと言えるでしょう。

様々な人が訪れるクリニックは導線が重要 | 利用する患者によってテーマを統一する | プライバシーの確保が必要なクリニックも | 照明によってクリニックの雰囲気も左右される

エイケーでクリニック内装クリニックのデザイン・設計・施工